• 作品解説
  • 友だち追加

新雪嵐山 1985年(S60年)194.0×373.0cm

.美術館スタッフによる作品解説第1部『日本の四季』vol.2.前回に引き続きスタッフによる作品解説のpostをUPさせて頂きます今回ご紹介する作品は「新雪嵐山」です️...新雪嵐山1985年(S60年)194.0×373.0cm...美術館スタッフA2月の京都で初雪に巡り合った後藤先生は急き立てられる思いで、スケッチブックを片手に宿を飛び出し渡月橋に駆け付けました。目にした光景は想像を遥かに超え、松や桜…様々な木々と山全体が白一色となり、迫り上がって来る別世界を見る思いであったそうです。雪深い富良野地方に暮らし毎日の様に目にする雪景色ですが、この絵の前に立つと新たな発見があります。心の中の何かが溶けていく様な、そんな不思議な気持ちにさせてくれる絵です。雪の季節もあと少し…京都や近郊にお住まいの方はこの絵の舞台である渡月橋に足を運んでみては如何でしょうか?運が良ければ先生の絵と同じ世界を体感することが出来るかもしれません。...後藤先生の代表作でもある「新雪嵐山」如何でしたでしょうか雪景色は比較的作品数が多い為、雪や冬に特別な想いがあったのかもしれません️今回は写真も俯瞰以外に肉眼でタッチが確認出来るほどのアップを撮ってみました構成する全てのものが緻密で繊細な筆致、、、是非本画を間近でご覧になって先生の世界を体感頂ければと思います。御来館心よりお待ち申し上げております.....#北海道 #富良野 #上富良野 #後藤純男 #後藤純男美術館 #日本画 #風景画 #日本画家 #日本画好きな人と繋がりたい #gotosumio #gotosumiomuseum #gotosumioartmuseum #hokkaidolove #北海道旅行 #hokkaido_lovers #作品紹介 #作品解説 #新雪嵐山 #京都 #渡月橋 #雪景色

🎨美術館スタッフによる作品解説🎨
第1部『日本の四季』vol.2
.
前回に引き続きスタッフによる作品解説のpostをUPさせて頂きます💡
今回ご紹介する作品は「新雪嵐山」です❄️
.
.
.
新雪嵐山
1985年(S60年)194.0×373.0cm
.
.
.
美術館スタッフA🐱
2月の京都で初雪に巡り合った後藤先生は急き立てられる思いで、スケッチブックを片手に宿を飛び出し渡月橋に駆け付けました。
目にした光景は想像を遥かに超え、松や桜…様々な木々と山全体が白一色となり、迫り上がって来る別世界を見る思いであったそうです。

雪深い富良野地方に暮らし毎日の様に目にする雪景色ですが、この絵の前に立つと新たな発見があります。
心の中の何かが溶けていく様な、そんな不思議な気持ちにさせてくれる絵です。
雪の季節もあと少し…京都や近郊にお住まいの方はこの絵の舞台である渡月橋に足を運んでみては如何でしょうか?
運が良ければ先生の絵と同じ世界を体感することが出来るかもしれません。
.
.
.
後藤先生の代表作でもある「新雪嵐山」如何でしたでしょうか❓
先生の生涯のテーマとして描いていた雪❄️
作品数の数がそれを裏付けています。
今回は写真も俯瞰以外に肉眼でタッチが確認出来るほどのアップを撮ってみました📷
構成する全てのものが緻密で繊細な筆致、、、是非本画を間近でご覧になって先生の世界を体感頂ければと思います。
御来館心よりお待ち申し上げております✨

友だち追加

関連記事一覧

2022年カレンダー発売開始

FACEBOOK

最近の記事

PAGE TOP