Start content

北海道の厳しい自然に惹かれた日本画家・後藤純男

「北海道の自然を描くことで、自分は画家として育てられた。この先もまだまだ北海道を描きたい。」

1991年、後藤純男は上富良野にアトリエを建て、その思いは自然豊かなこの地で、
自作をご覧頂きたいとの願いへ発展し、1997年「日本画家 後藤純男美術館」は産声を上げました。

当館は画家が自ら建てた、云わば後藤純男の「夢の家」

一筆一筆祈りを込めて描いた、初期から晩年までの作品を展示する館内で、画家の86年間の人生をご体感下さい。

美術館のご案内

〒071-0524
北海道空知郡上富良野町東4線北26号
電話:0167-45-6181
FAX:0167-45-6271

詳細を見る

後藤純男 略歴

「後藤純男美術館」は作品を散逸させず一所で自作をご覧頂きたいとの思いで、父が自ら建てたものです。
死して父の身体は無くなりましたが、これからは美術館が父の身体になります。

詳細を見る

ふらのグリル

お食事メニューのご提供は11:00からとなります。
営業時間
4月~10月 9時から17時、11月~3月 9時から16時
年中無休:12月29日から1月3日はお休みいたします。

詳細を見る

PAGE TOP