• 地域散策

北京国際アート・ビエンナーレ視察

世界各国から出展された数多くの作品


北京2日目は午前中、中国美術館で開催されている北京国際芸術ビエンナーレを視察。多くの来館者と世界各国から出展された数多くの作品を目にしました。
撃術への関心と子供たちのマナーの良さにいろいろ考えさせられました。

お昼はラムしゃぶ


お昼はラムしゃぶ。北京の人気店とご案内頂きました。
北海道生まれでジンギスカンに馴染みがある私もとても美味しく頂きました。

後藤純男画伯が描いた「雷鳴」を感動的に視察


午後は、先ず広い広い天壇公園を視察。後藤純男画伯が描いた「雷鳴」を感動的に視察。とても広い敷地で門をいくつも越えて…晴天で気温が高く汗だく。画伯は何度と雷に会い、大嫌いな雷さえも一緒に描いた作品。とても多くの観光客も訪れていました。

798芸術区


それから798芸術区視察。
とても広い区画内に、現代アートなど多くの芸術施設と芸術ショップなどが多数…。
多くの若者が集う地域となっている。

本日の締めは北京料理。

今日も美味しかった〜北京ダックも。そして、食べ過ぎ飲み過ぎ…笑
明日は6時出発で移動。旅はまだ半分に満たない…

Print Friendly, PDF & Email

関連記事一覧

2020年 壁掛けカレンダー

FACEBOOK

最近の記事

  1. 2019.10.12

    紫秋…

INSTAGRAM

Something is wrong.
Instagram token error.

PAGE TOP