ホーム > 後藤純男 略歴

後藤純男 略歴

1930(昭和5)年   千葉県東葛飾郡関宿町の真言宗住職の家に生まれる。 千葉の生家にて(昭和8年)
1946(昭和21)年 16歳 山本丘人に師事。
1947(昭和22)年 17歳 この年から5年間、埼玉県内の小・中学校で教職に就きながら創作を続ける。
1949(昭和24)年 19歳 山本丘人の紹介で田中青坪に師事。
1952(昭和27)年 22歳 再興第37回院展で「風景」が初入選。5年間の教員生活を終える。
1954(昭和29)年 24歳 日本美術院院友に推挙される。
1955(昭和30)年 25歳 この頃から1963年頃まで関西、四国の真言宗の寺を巡りスケッチ旅行をする。
1960(昭和35)年 30歳 この頃から1969年頃まで、北海道各地を取材。 本堂の片隅のアトリエにて(昭和27年)
1962(昭和37)年 32歳 再興第47回院展で「懸崖」が奨励賞・白寿賞・G賞受賞。このころ千葉県流山市に転居、現在に至る。
1965(昭和40)年 35歳 再興第50回院展で「寂韻」が日本美術院賞・大観賞受賞。日本美術院特待に推挙される。
1969(昭和44)年 39歳 再興第54回院展で「淙想」が日本美術院賞・大観賞受賞。
1974(昭和49)年 44歳 日本美術院同人に推挙される。
1976(昭和51)年 46歳 再興第61回院展で「仲秋」が文部大臣賞受賞。  
1979(昭和54)年 49歳 現代日本絵画展代表団の一員として初めて中国を訪問。これを機に、毎年のように中国へスケッチ旅行に出かける。 万里の長城スケッチ旅行(昭和55年)
1986(昭和61)年 56歳 中国・西安美術学院名誉教授となる。
再興第71回院展で「江南水路の朝」が内閣総理大臣賞受賞。
1988(昭和63)年 58歳 高野山東京別院に襖絵「高野山の四季」を奉納。東京芸術大学・美術学部教授となる。
1993(平成5)年 63歳 奈良・長谷寺に襖絵「夏冬山水」を奉納。
1995(平成7)年 65歳 パリ・三越エトワールにて個展を開催。同帰国展を日本橋三越ほかで開催。
1997(平成9)年 67歳 東京芸術大学を退官。北海道上富良野町に「後藤純男美術館」を開設。
1999(平成11)年 69歳 東京都高幡不動尊金剛寺に襖絵「桂林山水朝陽夕粧」を奉納。  
2000(平成12)年 70歳 埼玉県松伏町名誉町民となる。上富良野町社会貢献賞受賞。  
2001(平成13)年 71歳 中国・西安美術学院研究棟内に「後藤純男工作室」が落成。  
2002(平成14)年 72歳 北海道上富良野町に「後藤純男美術館新館」が落成。北海道立近代美術館にて個展を開催。  
2005(平成17)年 75歳 中国・湖南省帳家界へ取材旅行。年末から2006年にかけ、東京・日本橋三越本店を皮切りに「喜寿記念 後藤純男展」を開催。  
2006(平成18)年 76歳 春の叙勲で「旭日小綬章」を受章。  
2008(平成20)年 78歳 「小海町高原美術館開館10周年記念 後藤純男日本画展」を開催。  
2012(平成24)年 82歳 「後藤純男美術館開館15周年記念 画業60年 後藤純男展」を横浜そごう美術館で開催。  
2014(平成26)年 84歳 「日本画と書のしあわせな出会い後藤純男と日野原重明展」を日本橋三越本店で開催。  
2016(平成28)年 86歳 東京藝術大学名誉教授となる。
第72回日本芸術院賞・恩賜賞を「大和の雪」が受賞。上富良野町特別名誉町民、千葉県流山市名誉市民となる。
10月18日永眠。